医療機具・ICU専用シリコン

薬品を機械に通す人工透析や点滴に使うシリコンチューブ。

重度の動けない患者さん用のものです。

シリコンは柔軟性と復元力があるので寝返りも楽で体に負担が

少ないのが特徴です。

 

今回の目的は、これらシリコンチューブの接続部から注射器で

投薬する際に その投薬するチューブは番号札を書いた

ナンバータグで識別していました。

 

ですが人がすることなのでごく僅かな可能性の投薬ミスを

防ぐために シリコンチューブに薬品の危険度と種類を

色づけすると色での識別とナンバー認識 で2段階での確認ができれば投薬のミス

も減るのではないかというご提案をいただきました。

 

少なくともミスが増えることがないでしょう。  スピードアップにもつながる可能性も

あります。

 

シリコンには今までのルアーでクリアーカラー系はかなりの色を塗ってきた実績が

あるので今までの開発よりは早く進みそうです。

 

これを認可を早くとるために海外での製法確立をして認可をとり輸入するという

事らしいです。日本国内だと色々と制限が多すぎらしい(ここは専門外なので・・)

 

画像にある欧州の先進医療現場でも現段階ではチューブはクリアーを使ってます。

 

新規で樹脂にカラーを混ぜ込んでする製法は問題点がありました。

チューブ内部にとおる薬品と顔料が未知の化学変化をするリスクがありました。

 

ですが成型しているチューブの外部に剥がれない色づけであればそのリスクは限り

なくゼロに 近づけます。

 

また今まで市場にある在庫にも対応できるのでこれも利点です。

 

カラーリング後は高温消毒と高圧をかけて完全殺菌してから無菌梱包されるらしいです。

(消毒は専門外なのでわかりません)

 

自分も体が弱く、よく医療機関にお世話になった身なので、少しでもお役になればと

思い、ビジネスという視線でなく自己的に決断して活動しています。

それで結果が出れば理想です。

 

ここまで読んで頂きました方、有難うございました。

 

今後の医療関係の更新は各社との守秘義務があり、個人情報にもデリケートな部分

ですのでこれで更新は完結させて頂きたく思います。 

 

釣りの情報でもないのにご覧いただき 

有難うございました。

 

 

ミウラデザイン 橋本

 

 

 

 

ミウラデザイン

Link Free