2019.05 サクラマス2019年 黒部川 釣行 Hashimoto(更新中)

Cherry salmon fishing line 2019 Hashimoto

当たってしまったサクラマス黒部川抽選。

 

3月・4月と休みなしで5月に備える。

佐藤アキラ氏から「一匹も黒部川で釣れないと、ヤバイですよ」

と言われ、そんなプレッシャーも少し感じつつ、当選結果は見てみないふりしていました。

病院は・・・帰ってから。

順番が違う、でも先に病院に行ったら釣りに行けない結果になったら終わりなので、と言う勝手な言い訳。

これも仕事ですと。

 

黒部川を知っている人ならの話ですが、自分か知っている限りでは水流の速さはトップクラス。

常に激流でまるで台風あとのように河の流れは速く並みのルアーは寄せ付けない。

水量の多さにルアーはすぐに流れて、釣り人は翻弄する。

普通のルアーでは吹っ飛ばされるほどの激流で釣りをしなければならない。

 

そんな経験は殆どないので、ルアー選択を考えていた。

 

普通のミッドディープ系のルアーで9cmクラスのミノーが定番のアイテムとして多く選択されると思われる。

 

もちろんこれらは多くの人が選択として使うメインルアーなので、あえてルアー設計の勉強として

違うタイプのルアーを選択してみた。

ワンテン メガバス サクラマス ミウラデザイン

メガバス社のワンテンディープ。

 

名前の通り、110mmの全長にロングリップ。

 

出来立ての新製品なので詳しい、データーが無い。

パッケージの説明書も無ない状態で届いた。 (製品の名前、画像の使用等はメガバス社様から承諾を頂いています)

 

物凄い長さのリップにビックリ。

これは使い方の練習しないと使えないと思い、近くの池でテストしてみると、さすがに素晴らしいセッティング。

 

普通はこんなにリップを長くすると、引き重りが凄い、ルアーバランスが取れない、飛距離が出ない。

など多くの課題があるのですが、このルアーはその全てを改善して、素晴らしいセッティングで仕上げてきた。

 

メガバス社のHPに書いているとおり、引き抵抗も軽く、水直下で潜って全く乱れないバランスはさすがのメガバス

スタッフの設計に感心するばかりです。

 

思わず、メガバス・スタッフの方に「このルアーのセッティング、凄い完成度です。設計した人に伝えて下さい」

わけわからない電話をしてしまった。

まあその位、久しぶりに真面目に作られて魂の入ったルアーに出会いました。

 

良く見るとワンテンのボディーに長いリップを装着しただけではない事に気づく。

内部構造も別物でボディーも微妙に違う。

 

もちろんペイントも量産ルアーとしては世界トップクラスの1つだろう。

 

各レンジタイプを揃えた。

 

 

メガバス ワンテン ミウラデザイン サクラマス
シリコンルアー ミウラデザイン ワンテン メガバス

これはおそらくスペシャルカラー? スズキスペシャル?

 

シリコンコーティングをしてより滑らかで、生命観が増しました。

フックの音と波動の違いをテストしてみる。

引き抵抗が少し増した感じ。

 

同時期に黒部川用としてミウラデザインではプロトルアーの開発もしていたのだけど、このコンセプトは

全く別のもので、スーパーシンキングミノーをいかに泳がせるか。

このテストをしていた。

 

それは9cmで28グラムというとんでもない重さである。

 

まずこんな重いウエイトではルアーはアクションしなく、棒状態になるだろう。

 

普通、このクラスのシンキングミノーは18g前後が最適とされるが、激流で泳ぎ切るために10gのウエイトを追加した。

 

ヘビーウェイトでもアクションが出る事。

その動きに生命観がある事。

普通に巻いたスピードでもアクションが出る事。

引き重り感の少ないセッティングある事。

 

これを目標に、とあるドイツ製のエアロダイナミクス設計の水中版でのシュミレーターができるソフトを某社から

借りる機会があり、それで設計。

 

そしてストラタティス社3Dプリンターで成型して持ち込んだ、素材はABSモノフィラメント。

これに、シリコンコーテイングしてテスト。

 

最新の機材は、初めて見る次元の領域を探す事が出来る。

デザインは人間がやらないと機能しない。

機械はゼロからは何も作れない。

 

ただシステム総額は数千万円らしい。

貸して頂いたドイツのエンジニアさんには感謝。

 

最初、自分はこの手のシュミレーターには否定派でした。

シリコン成型の開発で流動解析ソフトを使っても、まともにデーター通りになった試しがない。

 

釣り人は、製造のテクニカル的な事は興味がない人が殆どですよ、と聞いていたのでこの話は終わります。

 

(佐藤アキラ君は難しい話をすると寝るフリする(笑))

ミウラデザイン ルアー メガバス プロト

サービスカット・プロトルアー。 サクラマス?の歯形入り。

メガバス ワンテン ミウラデザイン サクラマス

量産型を富山県の釣具店でメガバス・ワンテン+2モデルを追加購入。これで1つのアイテムはフルで揃いました。

黒部川 サクラマス 

まだ山には雪。

黒部川 サクラマス ミウラデザイン

黒部川に到着して、驚き。

雨不足で減水、いつもの黒部と違い過ぎで唖然。 

黒部川 サクラマス ミウラデザイン 

こんな静かな黒部川は初めて見た。

ミウラデザイン ルアー 

ヤマメ ルアーはスプーンのように見えますが、ちょっと違うというか全然違うもの。

ミウラデザイン サクラマス ルアー ロッド

またヤマメです。

メガバス ミウラデザイン ルアー サクラマス ミウラデザイン ロッド

サクラマス、いきなり来た。 ルアーは例のプロトミノー ルアーアイはメガバス社のを借りて装着です。

 

ミウラデザイン サクラマス メガバス 黒部川

反対側から撮影、同じ魚です。

なぜ釣れたかよくわからない。

サクラマス ミウラデザイン メガバス 

同じ魚です。

ヒットした瞬間で絶対にバレないほどの感覚あり。

ミウラデザイン ルアー メガバス サクラマス

53cm。

 

ミウラデザイン サクラマス 

日にちは翌日。 ヤマメ数匹。 写真撮る前に数匹、帰っていきました。

ミウラデザイン サクラマス メガバス トラウト 

ヤマメ、続々釣れだす。

サクラマス ミウラデザイン カスタムロッド 黒部川

サクラマス 2匹目。

サクラマス ミウラデザイン カスタムロッド 黒部川 

54cm 日も上がってから釣れた。

まだ完全に状況に対応してなく、釣れた感がいまひとつ感じない。

サクラマス ミウラデザイン ロッド 黒部川

ルアーはテストモデル。 ヤマメを含めて一番魚の数は釣れた。

サクラマス ミウラデザイン ロッド カスタムロッド 黒部川 

釣れた実感が少なく、このルアーが釣れた理由を語れるものがまだ実戦が少なすぎるのでありません。

黒部川 サクラマス ミウラデザイン 

これでも減水、水か少ない黒部川。

 

続く・・・・・

黒部川 サクラマス ミウラデザイン 

 

次の更新、今しばらくお待ちください。